忍者ブログ

CoroSono Life

東京大学コーロ・ソーノ合唱団のブログです。 各種イベントや日常の練習風景などをお送りいたします。
2019
08,02
おはようございます!
学指揮の西田です。
朝からあっついですね…

遅くなりましたが、7/31のブログを書きます!
この日は今季初めての男声練でした!

体発は男指揮の岡崎さんがつけてくれました。
腹筋のメニューがあったのですが、
久しぶりに腹筋をやるときつかったです!
最後の男声版のカデンツは音が密集していて、
良いな、と思いました。

パト練は青さんがつけてくれました!
去年のパトリの先輩で、ひさびさに青さんの
パト練を受けることができて楽しかったです!
バリトンは美味しいところがたくさんだったので、
頑張りたいです!

合わせは岡崎さんがつけてくれました。
学指揮経験者ということもあり、
スムーズな合わせの運営で、
見習うところがたくさんありました。
曲はHigh Barbaryだったのですが、
シーシャンティーらしい音楽作りを
されていました!
どんな完成になるのかわくわくします!笑
ひさびさに技系としてではなく、一般団員?として
歌うことができてシンプルに楽しかったです!

定演の男声ステージ、良いものにしたいと思います!それでは…!
PR
2019
07,28
こんにちは!
3年ソプ高木です。
今日は新歓前以来、久しぶりの女声練でした!1年生と女声練をするのは新鮮で、とてもわくわくしました。

曲は朝の祭でした。実はこの曲集は、先日の「遊声」演奏会の合同曲と同じ瑞慶覧尚子先生が作曲されたものなんですよ。また、作詞が谷川俊太郎先生で、練習前から楽しみでした♪

メゾのパト練は、2年生のみおがつけてくれました。初めてとは思えないほど練習のつけ方が上手で、上級生も負けずに頑張らなければ…!と思いました。ピアノで前奏をちらっと弾いてくれたのですが、とても爽やかで明るい素敵な雰囲気を感じました。

初回だったこともあり、合わせでは今後の課題がたくさん見つかりましたが、この曲の魅力を定演でお届けできるよう、頑張ります!
2019
07,28
こんにちは!
3年ソプ高木です。
今日は3月以来、久しぶりの女声練でした!1年生と女声練をするのは新鮮で、とてもわくわくしました。
今回扱った曲は「朝の祭」でした。実はこの曲集は、先日の「遊声」演奏会の合同曲と同じ瑞慶覧尚子先生が作曲されたものなんですよ。また、作詞が谷川俊太郎先生で、練習前から楽しみでした♪

メゾのパト練は、2年生のみおがつけてくれました。初めてとは思えないほど練習のつけ方が上手で、上級生も負けずに頑張らなければ…!と思いました。ピアノで前奏をちらっと弾いてくれたのですが、とても爽やかで明るい素敵な雰囲気を感じました。

初回だったこともあり、合わせでは今後の課題がたくさん見つかりましたが、この曲の魅力を定演でお届けできるよう、これから頑張ります!
2019
07,24
みなさんこんにちは!
3年ソプラノの佐藤です(*´꒳`*)

この日は、定演4ステ『新しい歌』の終曲である『一詩人の最後の歌』を初めて扱いました
前回は一曲目を扱いましたが、終曲もなかなかリズムが難しいですね…!
2拍3連符がたくさん出てくる曲で、パト練ではみんなでいっぱいリズム読み(音程をつけず、リズムに合わせて歌詞をしゃべる練習)をしました(´・ω・`)

この曲は歌詞がとてもかっこいいですね(*´꒳`*)
みんなが恐れているであろう死に対して、俺はポジティブに受けて立つぜ!というアンデルセンの生き様というか…
かっこいいですね(語彙力)

次回と次々回は、今定演期初の単声練ですね(`・ω・´)
気合い入れていきましょ(`・ω・´)

ではでは!
2019
07,20
こんにちは!
3年ベースの一ノ渡です。

遅くなりましたが、水曜日の練習のブログです。
今週の水曜から、いよいよ定演に向けての練習がスタートしました!

さて、今回扱ったのは、みんな大好き「新しい歌」です。
信長先生の作曲もさることながら、詩がいいですね、詩が。
ガルシア・ロルカの詩は、実は去年の定演の男声ステージで歌った曲集「思い出すために」の4番「ぼくが死んでも」の歌詩の元ネタになってるんじゃないかと思ってます(直接の作詩は寺山修司ですけど、非常に似た詩がロルカにあるからです)。
寺山修司も信長先生もロルカが好きなんですかね^ ^

ロルカ詩集を買って読んでみましたが、いろいろ発見がありました。
ここで全部書くと長いので、ロルカが少年だった頃をぼくなりに想像し、
詩にしてお伝えすることにしました。
ロルカ少年の感受性がどういうものであったかを想像することは、ロルカの詩を理解することに繋がるんじゃないかと思います(ほんとかな)。


川辺にアネモネの花が咲いている
オレンジ畑の中でロンドを踊っている娘たちがいて
オーレオーレというかけ声が聞こえる

闘牛士のいなくなった広場にぼくはぼつねんと立って
いかほどか前に繰り広げられた生と死のドラマについて考えていた
死は恐ろしいものだろうか

ぼくは誰かを待っていた
ぼくと一緒に歌を歌ってくれるやつはいないか
できあいの歌なんて歌わない

空を見上げると
ぽっかり大きな雲が近づいてくるのが見えた
ぼくはポケットからひとつかみのオリーブを取り出すと
雲へめがけて放擲した


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]


« 前のページ:: 次のページ »
プロフィール
制作:
東京大学コーロ・ソーノ合唱団
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ソーノtwitter
ブログ内検索
カウンター
バーコード

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]