忍者ブログ

CoroSono Life

東京大学コーロ・ソーノ合唱団のブログです。 各種イベントや日常の練習風景などをお送りいたします。
2019
09,24
こんにちは!3年ソプラノの中山です。
今回は東女にて単声練でした。
体発はあゆりちゃんがつけてくれました。

パト練はみのりちゃんが。
今回は、「朝」と「朝ゆえに」を扱いました。
「朝」は、リズムが大変取りづらく、音の高低さが激しくてかなり苦戦しました。
音を常に予感して余裕持って取れるように意識していきたいです。
(特にサ行に音を乗せるのが難しい…)
「朝ゆえに」は歌詞の情景を思い浮かべて、表現することを意識して歌いました。また、アクセントをつけて印象的に表現したりもしました。

合わせは、あゆりちゃんがつけてくれました。
「朝」の中に"十ヶ月を何千億年もかかって生きて〜"というアルトから始まるフレーズがあるのですが、6声のタイミングが合わず、大変苦労しました。
また、みおちゃんが間奏を練習して来てくれたのでみんなでピアノに合わせて実際に歌いました。伴奏がとても素敵でした✨

「朝ゆえに」はvocaliseを中心にやりました。四分音符だけを歌う練習をしました。vocaliseの部分のソプラノは特に音が下がり気味になってしまうので、各自が意識して高さをキープ出来るようにしたいなと個人的に感じました!

そして、今回はある曲(まだ内緒)のソロオーディションもありました。
何という曲でどのパートかは演奏会までお楽しみに✨
PR
2019
09,23
みなさんこんにちは~!

ソーノのじーにあすゆーちゅーばーの小野寺です~!
今回は駒場で練習でした!練習の内容をまとめていきたいと思います!

体発はみのりがつけてくれました!頭の体操からハードそうでしたが、割と皆出来ていてびっくらぽんしました!みのりの体発は全体的に体幹を鍛えるようなものが多い気がします!最後の方にはペアで互いの片足を持って立ったりしゃがんだりするのもあって本当に大変そうでした!みなさんおつカレーかつカレーバーモンドカレーでしたね

パト練はみのりがつけてくれました!今回扱った曲はソプラノのdivが多かったのでさらに少人数に分かれて練習することが多かったです。また、発音も練習しました。なかなか舌が回らなくて慣れないうちは大変そうですね

合わせはいつも通りにしけんがつけてくれました!技術を高めて歌うことももちろん大切ですが、その曲の背景、作曲者が何を伝えたいかを考えながら歌うことの大切さを説明してくれました。来てくださるお客様により良い曲をお届けしたいですね!

それではこんな感じでさようなら~
2019
09,15
こんばんは!

アルトパトリの宮﨑です。

14日は混声練がありました。

男女声合唱がありましたので、
とっても久しぶりの混声練習です。

ずっと単声ばっかりやっていたからか、
とても新鮮でしたね。
男声は女声にはない重厚感!
とっても羨ましい(๑꒪ㅁ꒪๑)

本番まで残り2ヶ月弱
頑張って練習して参ります!

2019
09,13
こんにちは!
3年ベースの一ノ渡です。

今週の火曜から昨日まで男声合宿がありました!!
ほんとにあっという間でしたね。
こんなに時間が早く進むように感じたことはなかなかありません。
この3日間の興奮を忘れることがないよう、備忘のためにここに記します。


男声合宿はだまんの体発で幕をあけました。
だまんの体発の特徴はなんといってもそのハードさにあるわけですけど、
今回も例に漏れず激アツ体発をやってくれました。
しかし、この体発が翌日我々の体に悲劇をもたらすことにもっと早く気づくべきでした。

初日は男声曲4曲をさらいました。
夜には女声が見学に来てくれましたね。
女声が20時半に来ると聞いていたのですが男声はその10分ほど前から妙にソワソワし始め、
椅子を出したり部屋のにおいを気にしたりなど落ち着かない感じになっていました(かわいいですね)
女声が見学している間は男声も特に歌に気合が入り、いい練習になりました。

夜コマ後は、もうお腹が空いた食べ盛りの男声がラーメンを食べにいきました。
人が溢れて唐揚げ屋に移動した男声もいました。
ラーメン屋では1男と見学を終えた3女がともにラーメンをすする謎の空間が生まれていました(僕も行きたかった)。


さて、2日目。
だまんの体発の影響で体がバキバキになる中、いっつーが追い討ちをかけてきました。
この日のメインはなんといっても少人数合わせ。
この少人数合わせを技系では「ホグワーツ練」と命名しました。
男声を「スリザリン」「レイブンクロー」「ハッフルパフ」「グリフィンドール」の4つに分け、
1パート1,2人の過酷な状況で技術を磨きました。
ぼくは知性を尊ぶ寮であるレイブンクローに配置され、いい気分になりました。
ホグワーツ練ではこれまで以上に1人1人が責任感を持って歌うことが要求され、また周りをよく聞いて歌う練習にもなりました。
こういう練習はこれからもやっていきたいですね^ ^


さぁ、いよいよ最終日。
書きそびれたのですが、2日目昼の体発ではむちゃんが四つん這いになって部屋中を歩かせるというメニューをやってくれ、
このおかげでみんなの体は限界に達していました。

そんな中、待ちに待った山内先生練がスタート。
昨日までの練習の成果を山内先生に思いっきりぶつけました。
山内先生レッスンといえばバラエティ豊かな練習方法が頭に思い浮かびますが、
この日も各パート2人ずつ前に出て歌ったり指揮者経験者でない人が指揮を振って歌ったりなど、多様な練習が繰り広げられました。
いつもは各パート少人数で歌わされるとなるとみんな狼狽してしまうわけですが、
ホグワーツ練を経て成長した我々には恐れるものは何もありませんでした。
1男が堂々と歌っている姿には涙が出そうになりました。
唯一動揺したのは、各学年で歌うように言われ木下とデュエット状態になった瞬間でした。

合宿の最後には、この男声合宿を支えてくれた合宿委員長のはむちゃんと男声指揮者の岡崎さんを胴上げしました。
2人とも軽いので、たくさん胴上げすることができました。
焼肉屋での打ち上げには山内先生もいらっしゃり、楽しいひとときを過ごしました。
ぼくはちゃっかり山内先生の隣の席をゲットし、上機嫌で合宿を終えました。


この男声合宿を経て、僕たちはひと回りもふた回りも成長することができました。
このアツい2泊3日を忘れることは絶対にないでしょう。
これから定演までの間、技術に伸び悩んだり壁にぶち当たったりすることもあると思いますが、
そういう苦しい時に、必死になって歌に取り組んだこの3日間が大きな心のよすがになることをぼくは信じて疑わないのであります。
2019
09,10
こんばんは、3年アルトの中原です‼︎

女声合宿3日目は山内先生練でした✨✨✨
曲は、2日目に主に練習した「朝」を扱いました!

パート内でも二声に分かれていたり、16分音符のリズム、音など難しいところ盛りだくさんで、2日目は苦労しましたが、今回の練習で曲に色がついてきた感じがします✨✨

特に私はアルト、メゾとソプラノがかけあいになる部分が好きで、16分音符のリズムや和音が難しい部分でもありますが、はまったらとても綺麗なところなので、定演に向けて、さらに頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

3日間あった女声合宿も実りのある充実した合宿になって本当に良かったのですが、
台風の為、打ち上げが延期になったのは、とてもショックでした( ; ; )

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


« 前のページ:: 次のページ »
プロフィール
制作:
東京大学コーロ・ソーノ合唱団
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ソーノtwitter
ブログ内検索
カウンター
バーコード

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]