忍者ブログ

CoroSono Life

東京大学コーロ・ソーノ合唱団のブログです。 各種イベントや日常の練習風景などをお送りいたします。
2019
10,11
こんにちは!

3年ベースの一ノ渡です。
昨日は表題曲「新しい歌」の練習をしました!

この曲の難しいところは、なんと言ってもフィンガースナップやハンドクラップがあるところでしょう。
テンポキープするのが難しく、手を動かす方に気を取られると歌の方がおろそかになってしまいます…
おうちでひたすら練習しなければ、、、と思いました(今も練習中)
本番で綺麗にそろったら絶対かっこいいですよね^ ^

さて、この「新しい歌」の歌詩に注目すると、「歌」というものをかなりメタ的に扱った詩であることがわかります。
実はロルカに限らず、いろんな詩人が「歌」や「音楽」にまつわる詩をたくさん書いているんですよね。
もともと現代の詩の源流を辿れば和歌や歌謡、万葉に行き着くわけで、それらは「うたう」ものであったわけですから、
詩人たちが歌や音楽に関心を抱くのも納得できる気がします。

しかし、僕がひとつ疑問を抱くのは、この「歌」や「音楽」は、単純にmusicを指すと考えていいのかということです。
いろんな詩を読んでいると、詩人たちがいう「歌」や「音楽」というのは、musicよりももっと広い射程を捉えている気がするのです。
僕の好きな詩人の1人に立原道造という人がいて、この人も詩に「歌」や「音楽」という言葉を多用するのですが、
立原道造のある研究書に、「立原にとっての音楽は、様々な事物の秩序が整っていて、お互いが調和して世界が満ち足りている状態を指している」というような指摘があり、
これを読んだ時に自分の中のモヤモヤしていたものが晴れわたる思いがしました。

「新しい歌」という曲集には「歌」という言葉がたくさん出てきますが、これを単純にmusicと捉えず、
もっと大きいものを想像して歌うといいんじゃないかと思いました。

さて、最後に、今年の夏に僕が島根県の実家に帰省したときに作った詩をここに載せます。
家の窓から外の景色を見ていてふと音楽を感じたので、そのときの感懐を綴りました。


気層のしたにやさしい音楽が眠っている
夏の平野を吹き抜ける風が
空に隠された楽器の弦をかき鳴らすようだ

田んぼの稲は激しく風に吹かれ
空から気流の鳴る音が聞こえてくる
出雲平野を見下ろす遠い山なみが
こちらの世界とあちらの世界を隔てているようだ

うやむやになった因果律と
野原をかける風の叫び
聖玻璃のような日光のきらめきは
私には少し眩しすぎる
PR
2019
10,08
こんにちは。
また会いましたね、3年の浅野です。

今回は土曜ですが駒場で練習でした。
なんだか今日人が多いな〜と感じました。
私がソーノに入った理由の1つに「大人数で合唱ができるから」というのがあります。
なんだか初心を思い出してより気が引き締まりました!

今回はEarly One Morning 、きみ歌えよを練習しました。
実は高校の時に今回演奏する組曲「新しいうた」をやったことがありました。
全ての曲が懐かしくてたくさん思い出がある組曲なのですが、また思い出が増えるんだなぁ〜って嬉しくなってます。

高校の時とはまた違った感じがしてとても新鮮でした。

本番で歌えるのがとっても楽しみです!
2019
10,07
こんにちは、3年の浅野です。

2ヶ月の休部を経て帰ってきました。
9月最後になると早くみんなと会って歌いたいなってそわそわしてました。

今回は、「遊声」でも演奏した
Amazing Grace 、Londonderry Air を練習しました!

何回も練習していますが、
まだまだよくなるところはいっぱいあるなぁと感じました。

どちらもゆっくりしていて落ち着いた曲ですが、
どこが見せ場なのかをしっかりと理解し
歌い上げることが大切だなぁと感じました。
また、今回の練習では
楽譜全体を見て曲を捉え、表現について考えることが多く、「なるほど〜」と頷くことばかりでした。

今回も充実した練習でとても有意義な時間を過ごせました。

定演では「遊声」よりもパワーアップした演奏ができるように日々頑張りたいと思います!
2019
10,02
こんにちは!女指揮の津田です(Θ-Θ)ケロケロ

今日は混声練がありました!
体発ははるさんがつけてくださりました。
三角のポーズをしながら呼吸を流したのですが、これが結構キツイんです:( ;´꒳`;)
足がプルプル(某タピオカ)になってしまいました。
ハムストリングスの体操でも引き続き足がプルプル(タピ)でした。
あと、発声のとき男声さんが声に元気がないという指摘を受けて、その後元気いっぱいなお返事をしていて少年みを感じました。かわいいですね()

パト練はみのりさんがつけてくださりました。
ソプは音が下がりがちなので気をつけたいですね
( ´ㅁ` ;)
あと声質がバラバラなのも改めて気をつけたいと思いました!個性を出すのはプライベートだけでいいね。

合わせはにしけんでした。
曲は主に「An Irish Blessing」と「All Through The Night」を扱いました!
にしけんノートが解禁されて、みんなで全体を通した曲の表現を確認しました!つい歌ってる箇所だけに集中してしまいがちなので、こういった練習はとてもいいと思います!女声練でもやろっと()
あと「鎮魂歌へのリクエスト」の口笛の部分だけをやりました。口笛吹けるのいいなぁ、尊敬します(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪



練習後は部員総会がありました!
女指揮の後任ちゃんのオーディションがあったのですがもうすでにレベルが高くて感動しました!嬉しいとともに私も頑張らなきゃなって思いました(ง •̀_•́)ง
私も質疑応答のところで登場したのですが、去年の部員総会よりも全体的に雰囲気が和やかな気がして(自分が緊張していないのもあるかもしれない)、言いたいことをちゃんと言えてよかったです!みんなおめでとうだよ(*・ω・ノノ゙☆パチパチ
2019
09,28
みなさんこんにちは!
3年ソプラノ高木です。

今日はとある曲を練習しました!
パト練はみのりがつけてくれました。歌詞の繰り返しの部分や強弱に気を付けながら練習しました。

また英語曲もあるので、波戸さんに発音指導をしていただきました。RとL、VとBの違いを解説してくださったので、今後の練習でしっかり活かしていけるようにしたいと思います!

合わせはにしけんがつけてくれました。全パートが揃うところや曲の雰囲気の変化を意識しながら練習しました。歌詞がどう繋がっているのか、最も伝えたいのはどこかを考えて、団員の曲への理解もますます深まったのではないでしょうか。
ソロの箇所もあって迫力満点なので、ぜひ来てくださる方にもそう感じていただけるよう、これからも頑張ろうと思います!
それでは最後までお読みくださり、ありがとうございました〜!!

[1] [2] [3] [4] [5] [6]


HOME : 次のページ »
プロフィール
制作:
東京大学コーロ・ソーノ合唱団
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5
6 9 10 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ソーノtwitter
ブログ内検索
カウンター
バーコード

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]