忍者ブログ

CoroSono Life

東京大学コーロ・ソーノ合唱団のブログです。 各種イベントや日常の練習風景などをお送りいたします。
2020
02,26
みなさんこんばんは
男指揮の西村拓人だよん。

なんと今週の土日は指揮者講習会でした。両日とも鈴木先生がいらっしゃって下さり、充実した2日間となりました。
やはり先生の知識というか教養というかはすごいです。頭脳王出れそうですよね。
頭脳だけでなく、歌の力も凄かったです。少しでも近づけるよう努力したいところです。

学んだことが多すぎてまだ整理出来てませんが、この経験を今後の体発、合わせに活かせていければと思います!がんばりますがんばりましょう
PR
2019
09,13
こんにちは!
3年ベースの一ノ渡です。

今週の火曜から昨日まで男声合宿がありました!!
ほんとにあっという間でしたね。
こんなに時間が早く進むように感じたことはなかなかありません。
この3日間の興奮を忘れることがないよう、備忘のためにここに記します。


男声合宿はだまんの体発で幕をあけました。
だまんの体発の特徴はなんといってもそのハードさにあるわけですけど、
今回も例に漏れず激アツ体発をやってくれました。
しかし、この体発が翌日我々の体に悲劇をもたらすことにもっと早く気づくべきでした。

初日は男声曲4曲をさらいました。
夜には女声が見学に来てくれましたね。
女声が20時半に来ると聞いていたのですが男声はその10分ほど前から妙にソワソワし始め、
椅子を出したり部屋のにおいを気にしたりなど落ち着かない感じになっていました(かわいいですね)
女声が見学している間は男声も特に歌に気合が入り、いい練習になりました。

夜コマ後は、もうお腹が空いた食べ盛りの男声がラーメンを食べにいきました。
人が溢れて唐揚げ屋に移動した男声もいました。
ラーメン屋では1男と見学を終えた3女がともにラーメンをすする謎の空間が生まれていました(僕も行きたかった)。


さて、2日目。
だまんの体発の影響で体がバキバキになる中、いっつーが追い討ちをかけてきました。
この日のメインはなんといっても少人数合わせ。
この少人数合わせを技系では「ホグワーツ練」と命名しました。
男声を「スリザリン」「レイブンクロー」「ハッフルパフ」「グリフィンドール」の4つに分け、
1パート1,2人の過酷な状況で技術を磨きました。
ぼくは知性を尊ぶ寮であるレイブンクローに配置され、いい気分になりました。
ホグワーツ練ではこれまで以上に1人1人が責任感を持って歌うことが要求され、また周りをよく聞いて歌う練習にもなりました。
こういう練習はこれからもやっていきたいですね^ ^


さぁ、いよいよ最終日。
書きそびれたのですが、2日目昼の体発ではむちゃんが四つん這いになって部屋中を歩かせるというメニューをやってくれ、
このおかげでみんなの体は限界に達していました。

そんな中、待ちに待った山内先生練がスタート。
昨日までの練習の成果を山内先生に思いっきりぶつけました。
山内先生レッスンといえばバラエティ豊かな練習方法が頭に思い浮かびますが、
この日も各パート2人ずつ前に出て歌ったり指揮者経験者でない人が指揮を振って歌ったりなど、多様な練習が繰り広げられました。
いつもは各パート少人数で歌わされるとなるとみんな狼狽してしまうわけですが、
ホグワーツ練を経て成長した我々には恐れるものは何もありませんでした。
1男が堂々と歌っている姿には涙が出そうになりました。
唯一動揺したのは、各学年で歌うように言われ木下とデュエット状態になった瞬間でした。

合宿の最後には、この男声合宿を支えてくれた合宿委員長のはむちゃんと男声指揮者の岡崎さんを胴上げしました。
2人とも軽いので、たくさん胴上げすることができました。
焼肉屋での打ち上げには山内先生もいらっしゃり、楽しいひとときを過ごしました。
ぼくはちゃっかり山内先生の隣の席をゲットし、上機嫌で合宿を終えました。


この男声合宿を経て、僕たちはひと回りもふた回りも成長することができました。
このアツい2泊3日を忘れることは絶対にないでしょう。
これから定演までの間、技術に伸び悩んだり壁にぶち当たったりすることもあると思いますが、
そういう苦しい時に、必死になって歌に取り組んだこの3日間が大きな心のよすがになることをぼくは信じて疑わないのであります。
2019
09,08
こんばんは!女指揮の津田です♪

女声合宿2日目は学生練でした!

朝コマの体発は私でした(それはそう)
バランスボールを足に挟んでキャッチボールをしたり、おしりだけで15歩ずつ前後に歩いたり、足上げ腹筋をしたり、バラボ地獄で身体をいじめ抜きました( ̄ー ̄)ニヤリ
そのおかげで声が出るようになったという意見があったので大成功でしたね!!!

この合宿中、パト練はしれっと歌う側としてメゾのところに参加していました。私も2、3回ほど代わりにつけたこともあったのですが、やっぱりメゾパトリみおは優秀です( ˘ω˘ )みんなどんどん音が取れてきました!

朝コマ合わせは朝の祭でした!
歌う側としてはこの曲は親しみやすい感じだと思うのですが、指揮激ムズです:( ;´꒳`;)歌も指揮ももっと練習してみんなでルーンルーン♪したいです!!

昼コマ体発はみのりさんがつけてくれました!
お昼寝で鈍った身体を目覚めさせてくれるような体発でした(*´▽`)ノノ朝に続いて昼もガッツリ頑張ったのでいっぱい鍛えられますね!

昼コマは朝を扱いました!
パト練でしっかり音を取って、合わせで確認して、また反省点や持ち帰りの部分をパト練して、最後に合わせるという形をとりました!合宿だからこそ出来る練習方法ですね( *˙ω˙*)و グッ!
だんだんとみんなが成長していって形になっていくのは達成感がありました!!指揮者ってこういうのをより感じられるのがほんと楽しいですよね♪

そして、昼コマの最後には男声さんたちが見学に来てくれました♡♡素敵な歌を披露してくれて、みのりさんイチオシのごまたまごを差し入れてくれました(*´○`)o¶♪ボクハ オイシイオイシイ ゴマタマゴダッタ~~
みんな嬉しさのあまりちいさな四本の足で跳ね回りました(大嘘)(上に続く歌詞ネタ)(通じない)

夜コマは前半はソプ&メゾの合同練とアルトのパト練でした。二声での合同練というのもなかなか普段は出来ないので新鮮で楽しかったです!!

後半は朝と朝ゆえにの合わせをしました。
前半頑張ったおかげでソプ&メゾのハモリも、難易度がめちゃくちゃ高いアルトも圧倒的成長を遂げていました!



この合宿での成長と思い出が筋肉痛とともにみんなの心の中に残って欲しいなと思う女指揮なのであった( ˘ω˘ )<まだ2日目だよ!


2019
09,08
みなさんこんにちは!
3年ソプラノの佐藤みのりです。

本日から女声合宿が始まりました!!
女声曲を徹底的に練習できるので、とても楽しみです(*´꒳`*)
初日は昼コマに鈴木先生が来てくださり、体操発声から曲の解釈、背景など、様々なことを教えてくださいました。
今年の定演で扱う曲集「朝」は、谷川俊太郎さんの詩集(兼写真集)である「朝のリレー」に掲載されている詩のうちの3つに、瑞慶覧先生が曲をお付けになった作品だというお話を聞いて、ぜひ元になっている詩集(兼写真集)を読んで曲のイメージを膨らませたいなと思いました。
現在は絶版になっているそうですが、どうにか探して手に入れたいです。

明日の練習も頑張るぞ(`・ω・´)
おやすみなさい。
2019
08,15
こんばんは!3年ソプラノの中山です!
5泊6日の夏合宿を終えて、11日から1泊2日の学年合宿をしました!
学年ごとに分かれて私達3年は1日目は
温泉で疲れをとることにしました〜

まず、御代田駅からタクシーで星野温泉へ。タクシーの運転手さんが「ここがビルゲイツの別荘だよ〜」と教えてくださってみんなで門の前をパシャり。
また、「吉永小百合3回乗せたことある」とおっしゃってて驚いたり楽しかったです。

そして、星野温泉に着いてお昼ご飯を食べることになったのですが、どこも混んでいたので予約して待っている間にくるみ団子やアイス食べたり。美味しかった!
お昼ご飯は超おしゃれなイタリアンレストランに入って私は生パスタ食べました!
(間違いなく女子力上がった)

そして、とんぼの湯でめちゃめちゃ癒されました。2年前にも来たのですが、やっぱり夏合宿後の温泉は最高ですね!!
(思わず、のぼせそうになった)

そこから宿に戻って演芸会がありました!
四男さんや卒団生さんともたくさんお話し出来てとても楽しかったです!1年生はトランプやったりして盛り上がってましたよ!

2日目は、3年でアウトレットに行きました!某3男のデート服を選ぼう!ということで3女が一生懸命コーディネートしました。みんなセンスがありすぎて私もコーディネートしてほしい!と思わず思ってしまいました笑

さて、他の皆さんはどこで学年合宿を堪能したのでしょうかね?

やっぱり、学年合宿は同期の仲が深まる
絶好の機会ですよね!!
これから定演に向けての練習が始まっていきますが、楽しいことも辛いことも共有出来る仲間になりましょうね♩

[1] [2] [3] [4] [5] [6]


HOME : 次のページ »
プロフィール
制作:
東京大学コーロ・ソーノ合唱団
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ソーノtwitter
ブログ内検索
カウンター
バーコード

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]